カテゴリー
つぶやき

両建て主義、多様性、分散投資

何年かに1度サイコロの数あてクイズがおこなわれ

すべての人がプランBかプランAを選ばなければいけないとして

プランA….1~5がでれば資産倍増、6がでれば資産0

プランB….3~6がでれば資産半減、1か2がでれば資産0

とする

どうみてもプランAが有利でプランBを選択する人は馬鹿でどうかしているのではと思われる

ある共同体では全員がプランAを選択し、ある共同体ではプランBを選択してしまう人もいるとする。

資産0になればゲームオーバーとすると、助け合いもある共同体では、プランBを選択してしまう人がいる共同体の方が安全かつ長生きするといえる。もちろん、短期的にはほとんどの場合Aが優位だが、こういうことって、長い歴史の中では割とあったのではと思われる。